海外赴任は突然に。単身赴任?家族帯同?過去に駐在妻を経験した私が感じたこと。

転勤
スポンサーリンク
ゆーみー
ゆーみー

こんにちは。ゆーみーです。

世間はコロナウィルスで大混乱ですね。

早く終息して平和な日常に戻ることを願うばかりです。

話はかわって、もうすぐ4月ですね。

転勤族の方は異動も多い時期なのではないでしょうか。

我が家も夫は転勤族です。

そしてこの4月から異動の辞令が出ました。

今回の辞令が出てから、過去の海外赴任の辞令が出た時の気持ちや海外での経験を振り返ってみました。

「帯同」か「単身赴任」かを決める時に、家族のことや仕事のこと、悩むことがたくさんあると思います。

だけど、まずはシンプルに「自分はどうしたいのか?」を考えてみて欲しいです。

正直な自分の気持ちを見つめて、決断してみるのも良いと思います。

ご主人の転勤で「単身赴任?!」「帯同?!」と悩んでいる方の心が少しでも軽くなったら良いなぁと思います。

スポンサーリンク

海外赴任は突然に

我が家に海外赴任の辞令が出た時、私は1人目育休中。

ちょうど保育園の内定をいただき、「そろそろ仕事復帰だなぁ」とソワソワしていた時期でした。

そんな中、突然夫から「インドに行くことになった」と連絡が。

夫は海外で働くことを目標に仕事を頑張っていたので、「おめでとう!」と嬉しい気持ちでした。

しかし、いちばん悩んだことは「仕事を辞めなければいけない?!」ということでした。

インド赴任の辞令を聞いた時の私の気持ち

「海外で生活してみたい。」

「海外で生活しながら英語を学びたい。」

「やっぱり家族は一緒にいたい。」

この気持ちが大きかったです。

しかし、仕事を辞めることにはとても抵抗がありました。

じっくり悩んで決断したいところですが、育休後復帰できるのかどうかを、すぐにでも私の会社の上司に伝えなければならず、「早く決めなきゃ、早く決断しなきゃ」と焦っていました。

私が「単身赴任」か「帯同」かを悩んだ理由はこの2つでした。

1,赴任期間が未確定だった

これが、いちばんの悩める理由でした。

夫の会社は最初の1年間は研修生として赴任します。

前任者の方々は研修生を終えた後、場所は少し変わってもそのまま海外で仕事をする方が多いとのことでした。

1年だけの海外赴任だったら仕事復帰して日本で待っているのもありかなとも思いました。

しかし、もう一つ不安なことがあったのです。

2,育休明けの仕事復帰。夫不在で1人で仕事も育児も家事もこなせる自信がなかった

久しぶりの社会復帰というだけでも不安なのに、夫は不在。

実家もそんなに頼れるわけではなく、仕事も育児も家事も1人でこなせる自信がありませんでした。

思いきって、帯同を決意!家族でインドで暮らすことに

悩みに悩んだ結果、家族で帯同することに決めました。

帯同を決意したいちばんの決め手は「海外暮らしをしてみたい」という自分の気持ちでした。

インドでの生活を終えた後の気持ち

インドで暮らしている時に書いていたアメブロを読み返したら、海外赴任から帰国後、自分はこんなことを綴っていました。

数年海外生活をするつもりで仕事を辞めて帯同しましたが、1年間だけの海外生活でした!
(私と息子は7ヶ月)
短っ!!!笑
とっても短い海外生活だったけれど、すごく貴重な経験ができました。
帯同したことに後悔はありません。
短い間でしたが、息子が現地のスクールに通ったり、自分も英語を習ったり、インド人の友達ができたり、大切な日本人のお友達ができたり、刺激的な毎日でした。
正直言えばあと1年位インドで生活したかったな。
刺激的な毎日をありがとう、インドよ。
夫よ、1年間お疲れ様。
今後インドに海外赴任される方、増えて来るかと思います。
来る前はインド?!と不安な気持ちでいっぱいだと思いますが。なんとかなりますよ。
もちろん不便なことは多いですが、メイドさんやドライバーさんもいてなかなか快適でした。
貴重な経験ができると思うのでインドで暮らすという選択肢もありだと思います。

我が家は本当に短い海外生活でしたが、海外で暮らせることってなかなかないことです。しかも、インド!

インドの生活は最初は全てが刺激的、メイドもドライバーもいる生活なんて贅沢すぎですよね。

出会えて良かったと心から思えるインド人の友人もできました。

日本に帰って来てからも「インドで暮らしていたんです」と人生のネタもできて良かったです。

インドでの生活は間違いなく私の人生を彩り豊かなものにしてくれました。

仕事を辞めたことへの後悔は?

正直ありました。

たった1年の海外生活の為に、正社員の仕事を辞めてしまった。

子連れで再就職は難しいよなぁと。

日本に戻ってきてから、「仕事、辞めなければよかった」と思うことも多々ありました。

けれど、インドに行かずに仕事を続けるという選択をしたとしても、インドに行かなかったことを後悔していると思います。

どちらを選んだとしても、多少の後悔はあったはず。

海外赴任に帯同し、正社員の仕事を辞めたからこその今がある

正社員を辞めたことを後悔することもありましたが、最近考え方が変わりました。

「正社員を辞めた私は自由の身」  「働き方は自分次第」

だったら、家族を優先に、柔軟に、そして自分がステップアップできることを仕事にしようと思えるようになりました。

今は育休中ですが、近い将来、在宅ワークで収入を得られるように、Webデザインの勉強やブログ運営なども行なっています。

正社員を辞めていなかったら、Webデザインの勉強もこのブログとも出会うことはなかったと思います。

なので、結果オーライです。

そして、副業も解禁、オンラインでできることが増えているこの時代、正社員にとらわれる必要もなくなってきたのかなぁと思います。

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ご主人の海外赴任の辞令が出て「帯同」か「単身赴任」かを悩んでいる方。

夫のこと、子どものこと、仕事のこと、色々悩みはあるけれど、まずはシンプルに「自分はどうしたいのか?」を考えてみてほしいです。

そして、自分で決めたことは、自分の責任

その後、いろいろな困難や悩みもあるかと思いますが、「自分で決めたこと」だと思うと、誰を責めるわけでもなく、困難や悩みを乗り越える為にやる気も出ます!

自分の気持ちに正直に、「海外で生活してみたい」という気持ちがあるなら帯同してみるのも良いと思います。

逆もまたしかりです。

ゆーみー
ゆーみー

ピンチはチャンス

人生ケセラセラ〜

スポンサーリンク

この記事を書いた人
ゆーみー

東京に住む男の子と女の子のママ。
正社員をやめてから、自分の人生について「もやもや」と考えることが多く、もやもやを解決すべく、色々なことに「チャレンジ」しています。
略して『もやチャレ!』
「子育て」・「学び」・「もやもや」などを書いています。

ゆーみーをフォローする
転勤
ゆーみーをフォローする
もやチャレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました